女性用育毛剤Q&A

女性用育毛剤の副作用とは?要注意成分を詳しく解説!

更新日:

「育毛剤で薄毛を何とかしたいけど、副作用は大丈夫なの?」
特に女性の場合、敏感肌でデリケートな方が多いので、刺激を気にする方は多いです。

今回は、女性が育毛剤を使う上で知っておきたい副作用と気を付けた方が良い成分についてまとめました。

副作用のある育毛剤とない育毛剤の違いとは

女性用育毛剤と一言で言っても、効果や作用が製品によって異なります。
大きく分けると育毛剤は「医薬品」と「医学部外品」に分けられます。

医薬品は名前の通り薬で、治療を目的としています。
抜け毛や薄毛に一定の効果があると厚生労働省が認めている医薬育毛成分が、一定以上の割合で含まれているものを医薬品と呼ぶのです。

そのため、医薬品に指定される育毛剤は「発毛剤」とも呼ばれ、発毛効果を明記することが法律で許されています。

一方、医学部外品は上記の成分が1成分でも配合された製品を示します。
薬ではないため医師の処方はいらず、手軽に薬局などで購入できますが、発毛効果を謳うことはできません。

しかし医薬品は作用が強いので効果が期待できる反面、体への負担、副作用のリスクが高まります。
医学部外品は、対人への作用が緩和的とされていますので、副作用の心配は極めて少ないといえるでしょう。

副作用が心配なら医薬部外品の育毛剤がおすすめ!厚生労働省が薄毛に効くと効果を認めた成分が入っているので、十分期待できます!

医薬部外品に配合されている主な成分

医学部外品に含まれる主な成分

  • アデノシン ニコチン酸アミド・・・毛母細胞を活性化させる
  • β―グリチルレチン酸・・・殺菌効果
  • センブリエキス・・・末梢血管を拡張させ、血流改善をはかる
  • 塩化カルプロニウム・・・頭皮の血管を拡張させる
  • ショウキョウチンキ・・・抗菌・抗酸化作用、血行促進

抜け毛や髪の細さが気になるようであれば「血行促進効果」、地肌が見えるほど毛量が減ったなら「毛母細胞の活性化」など、効能が自分の髪の症状にあっているかを医学部外品の中から意識して選ぶといいですね。

副作用のリスクのある成分

育毛剤に含まれる主な成分として、下記の2つが挙げられます。

ミノキシジル

ミノキシジルとは本来高血圧治療の血管拡張薬として開発された成分。
血圧低下や心拍数の増加といった循環器系の副作用、また血流改善に伴う全身の育毛(多毛症)に気を付けなければいけません。

フィナステリド

フィナステリドは、強力な男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)の元となる5αリダクターゼⅡ型を抑制する薬です。
主な副作用として肝機能障害や食欲、性欲減退が挙げられますが、女性は重篤な副作用を起こす可能性があるので服用できません。

発毛剤リアップX5は女性が使うのはNG!

テレビCMでもお馴染みの男性用リアップには上記に挙げた発毛に有効な成分、ミノキシジル濃度が5%含まれています。

しかし濃度が高いと効果がより期待できそう!と、安易に男性用リアップに手を出すのはNG。
本製品は日本人女性における安全性が確認されていない為、使用が禁止されています。

女性のためにミノキシジル濃度が1%のリアップジェンヌが販売されています。
リアップジェンヌも1%とはいえミノキシジルが含まれています。1%でも頭皮の発疹、頭痛やめまい、動悸や急激な体重増加とむくみなどの副作用が挙げられています。

医薬品は効果が強い反面、副作用のリスクがあるということを忘れてはいけません。

女性ホルモン含有の育毛剤は心配なし?

女性の抜け毛や薄毛は、女性ホルモンの減少も影響しているといわれています。

この問題を解消するため、女性ホルモンを含んだ育毛剤も多く販売されています。
女性ホルモン含有の育毛剤は、抜け毛を防ぎ頭皮環境を整える、弾力のあるツヤツヤの髪へ導く、男性ホルモンを抑制するなどの効果が期待されています。

しかし女性ホルモンが含まれると体内の女性ホルモンが増加し、ホルモンバランスが崩れてしまうのではないかという懸念もあるでしょう。

ただ、育毛剤に含まれる女性ホルモンの成分濃度は極めて低く、外用薬のため全てが体内に浸透される訳ではありません。
日本でも安全性が認められていますので、そこまで神経質に捉えなくても大丈夫でしょう。

まとめ

医薬品は効果も高いけれど、副作用の影響などから使える人が限られる製品です。

対して医学部外品の育毛剤なら処方箋もいらず手軽に手に入り、副作用のリスクも限りなく低いので敏感肌や刺激が心配な方でも使いやすくなっています。

乾燥肌や敏感肌などの肌トラブルを抱えている人や、頭皮が敏感で刺激に弱い人は、無添加の育毛剤を選ぶのがおすすめです。

頭皮環境がデリケートな場合、育毛剤に含まれる刺激の強い化学成分の影響で、かえって抜け毛の状態が悪化することがあります。せっかく髪の毛を育てるために塗布した育毛剤で、毛が抜けてしまっては本末転倒です。

さらに無添加の育毛剤は、産後や授乳期のようなデリケートな時期にも安心して使用できるので女性の強い味方といえますね。

育毛剤選びは自分の髪質、体質に育毛剤が適しているかが大きなポイントとなります。

副作用のリスクが極力少ない、安心安全に使用できる育毛剤を見極めることが大切です。

-女性用育毛剤Q&A

Copyright© 産後の抜け毛に効く育毛剤ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.